« 『地方史情報』 | トップページ | 呼び戻し »

2010年12月24日 (金)

多磨霊園、永興寺、そして深大寺

 ことし初めてジパングでの遠出、10時半多磨霊園に着く。

 会社の創立期からお世話になった数学者石谷茂さんのお墓を訪ねる。4区にあると地図をいただいている。3区の成駒屋、中村不折、下村観山らの墓を通り過ぎ、4区に入る。

 長谷川義起、上司小剱、舟橋聖一、上田英雄ら相撲に関係する人たちの墓が目につく。上司の墓は質素だが、上田の墓は履歴がずらりと刻まれた豪華なもの。 石谷家の墓も大きくて立派。花を供え、手を合わす。

 力士の墓は以前回っているので今回は割愛、10区にある中尾方一さんの墓にだけ再訪。墓誌を見ていると、古い家柄が偲ばれる。

 西武鉄道を隔てたところにある永興寺へ行く。藤家之墓は右手奥の方にあった。墓誌には「小結國登年寄名佐の山藤國松 大道院釋淨勳国登居士 平成七年十月三日 藤國松 行年七一才」とある。

 野川公園沿いに東へ、龍源寺で近藤勇の墓へ、熱心なファン?が線香を上げていた。野川沿いに深大寺へ。たくさんの人でにぎわっている。もう15時、ここでかけそばの昼食。そして三昧所墓地へ。石田波郷の墓がある。力士は見あたらず。

|

« 『地方史情報』 | トップページ | 呼び戻し »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/84424/38193501

この記事へのトラックバック一覧です: 多磨霊園、永興寺、そして深大寺:

« 『地方史情報』 | トップページ | 呼び戻し »