« 土佐稲荷神社にも兎 | トップページ | 三月より出ます »

2011年1月 3日 (月)

卯と相撲

 卯之刻相撲、卯の日相撲、卯のすもうなどと呼ばれるように、卯と相撲との結びつきが四国や九州で見られます。

 「卯之刻相撲」は宇和島市吉田町の立間南山八幡神社で行われ、市の重要無形民俗文化財に指定されています。午前6時頃なので、見には行かず、テレビで見たに過ぎません。

 「卯のすもう」は福岡県添田町津野の高木神社で旧暦の卯の日に疫病退散を願って行われています。ここも見に行っていません。ネットの「ボロ親父の田舎便り」で知りました。

 福岡市の櫛田神社でもかつては「卯の日相撲」が行われていて、境内に保存されている多くの“力石”はその時のものだそうで、説明の立て札には「その昔当社では卯の日相撲が盛んに行われ多くの有名力士が力自慢に持ち上げた石を数多く奉納した 現在残っている数個の力石は其の名残をとどめる博多の風俗資料である 文政十三年博多麹屋番に住んでいた怪力相撲取り飛梅が六十一才の時奉納した力石が有名である 裏面にはそのよろこびの歌が詠まれている” 昭和三十七年二月 福岡県文化財指定」とある。

 卯と相撲のことは他にもまだまだあるかもしれません。

|

« 土佐稲荷神社にも兎 | トップページ | 三月より出ます »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/84424/38316476

この記事へのトラックバック一覧です: 卯と相撲:

« 土佐稲荷神社にも兎 | トップページ | 三月より出ます »