« 山田川政吉の碑 | トップページ | 鳥取県内の力士の墓 »

2011年4月23日 (土)

山田川政吉の墓

 臨海院(曹洞宗)の東側を入って行った墓地に「陸上の墓踊り」についての説明板があった。8月14日夜に初盆を迎えた家の墓の前で踊られる、などとある。

 説明板を読んでいた時、後ろから誰かが呼んでいる。振り返ると山田川政吉の文字が目に入った。やっぱり、よく来てくれたと……。墓は説明板の真ん前にある。

 昨年九十一歳で亡くなった方があり、大きな岡野家之墓が建てられており、墓誌ができ、今まであった墓は右手にかためてある。が、山田川政吉の墓だけは左手に残されていた。

 正面「山田川政吉」、右面「釋山照道田信士」、左面「明治五旧十一月十六日」。回りには本家岡野家之墓など、岡野家が多い。

 山田川政吉は明治五年八月限りの現役死亡。明治初めの京都番付上位の因州頭書は立縄甚八とともに出身地、墓所の確認ができた。

|

« 山田川政吉の碑 | トップページ | 鳥取県内の力士の墓 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/84424/39718424

この記事へのトラックバック一覧です: 山田川政吉の墓:

« 山田川政吉の碑 | トップページ | 鳥取県内の力士の墓 »