« 八百長問題 | トップページ | いましろ大王の杜 »

2011年4月10日 (日)

鹿沼の商人・学者らの番付に歌ヶ浜

 『鹿沼市史 通史編 近世』に「鹿沼宿の番付には「角力 歌ヶ浜斧吉」の名前があり(『資・近世2』)とあるが、国会図書館関西館にはないので、N大学図書館へ見に行く。

 東には大関が鈴木石橋、関脇が山口安良と学者や職人、芸人が、西には商人が名を連ねており、歌ヶ浜斧吉は東の四段目尻にある。なかなかおもしろい。この番付の書かれた年月は不詳とある。

 『鹿沼市史 民俗編』には歌ヶ浜について、「江戸相撲で修業した、技の立派な力士だったという。やはりドンスが残っている。この家は、今も屋号は「歌ヶ浜」である。」とある。

 訪ねてみたいものです。

|

« 八百長問題 | トップページ | いましろ大王の杜 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/84424/39555037

この記事へのトラックバック一覧です: 鹿沼の商人・学者らの番付に歌ヶ浜:

« 八百長問題 | トップページ | いましろ大王の杜 »