« 酒井忠正コレクション展 | トップページ | 大童子供養塔、千賀ノ浦太三郎奉納の燈籠 »

2011年11月12日 (土)

マンガ「相撲の神様 双葉山」

 元北の湖部屋の力士だった尾川さんから山口国体での相撲競技のこと、宇佐市の双葉の里へ行ったことなどのたよりがあり、「宇佐学マンガシリーズ① 相撲の神様 双葉山」(シナリオ 山口かつみ、マンガ 屋代尚宣)をいただいた。

 たいへん楽しい本で、内容が良くできていて感心させられる。「双葉山をめぐる物語」として、平田崇英、池田陽子の寄稿、景山忠弘、小島貞二の遺稿が収録されている。

 いったん行くことをあきらめたけれど、やっぱり行ってこようか。双葉山の両親のお墓も訪ねてみたいし、東光寺の五百羅漢にも会いたいし……。

|

« 酒井忠正コレクション展 | トップページ | 大童子供養塔、千賀ノ浦太三郎奉納の燈籠 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/84424/42986351

この記事へのトラックバック一覧です: マンガ「相撲の神様 双葉山」:

« 酒井忠正コレクション展 | トップページ | 大童子供養塔、千賀ノ浦太三郎奉納の燈籠 »