« 名横綱双葉山定次物語写真展 | トップページ | 勝負付けなどのデータ »

2011年12月 4日 (日)

超六十連勝力士碑

 宇佐市の双葉の里で「超六十連勝力士碑」の除幕式が三日行われた。

 NHK大分の映像で見ると、八角形の御影石で、高さ2.7メートル、正面に「超六十連勝力士碑」と刻まれ、向かって左に双葉山、右に白鵬で、しこ名と手形が刻まれている。谷風の位置は確認できない。揮毫は先々代時津風の豊山で、現時津風が出席していた。

 白鵬は双葉山のことをいろいろ勉強させていただいたことが連勝につながったと、双葉山の手形に自分のを合わせ、全く同じですと語っていた。

|

« 名横綱双葉山定次物語写真展 | トップページ | 勝負付けなどのデータ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/84424/43248163

この記事へのトラックバック一覧です: 超六十連勝力士碑:

« 名横綱双葉山定次物語写真展 | トップページ | 勝負付けなどのデータ »