« 三右衛門日記 その3 | トップページ | しこ名の中の‘龍’ »

2012年1月 7日 (土)

三郷町を歩く

 ブランド共和国大統領から「一月二日に三郷町の薬隆寺八幡神社に行ってきたが、神社は閉じられたままで板番付を観ることができなかった」旨の書簡が届いた。

 実はわたしも三日に訪ねたが、観ることができなかった。正月三が日はどなたかが詰めておられると思ったのだが、残念ながら日を改めることとなった。10月25日が例大祭、元旦、そして奇数月第一日曜の朝9時からも祭礼が行われているようなので、その日に再訪しようと思っている。

 絵馬はネットの「民俗学・伝承・講義・講演・古墳 他・乱鳥の書きなぐり」で知った。明治二年地元の鵤半右衛門が勧進元を勤めたもので、陣幕・梅ヶ谷・八陣などの名がある。

 下庄の小山墓地に行ったが力士墓は見いだせず、竜田大社へ向かう道脇で松永久秀(弾正)の供養塔に出会った。信貴山に城を構えていた、文化人でもある。

 竜田大社は干支に縁があって車の列、たいへんな人、人。地図に墓地の印がある処へ向かうとそこは「竜の子墓苑」とあった。ここの無縁墓群からも力士墓は見つからず。

|

« 三右衛門日記 その3 | トップページ | しこ名の中の‘龍’ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/84424/43651723

この記事へのトラックバック一覧です: 三郷町を歩く:

« 三右衛門日記 その3 | トップページ | しこ名の中の‘龍’ »