« 松原市から特別展資料をいただく | トップページ | 綾川五郎次と墨絵の龍 »

2012年1月 1日 (日)

絵暦の中の相撲

 新しい年となりました。昨年のような大きな災害、本場所中止などのない年でありたいと願っています。

 今年は壬辰ですが、『江戸の絵暦』(岡田芳郎著 2006年 大修館書店発行)に、「相撲①、②」の項があり、天明四年甲辰の「東大関鷲ヶ濱と西小結宮城野」「大関谷風」「小野川 谷風の割」が掲載されています。

 この年、大が正、二、四、六、七、九、十一月、小が閏正、三、五、八、十、十二月でした。巧く考えて作られています。

 明和八辛卯、享和四年甲子、文化二乙丑、弘化三丙午なども載っています。

|

« 松原市から特別展資料をいただく | トップページ | 綾川五郎次と墨絵の龍 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/84424/43582046

この記事へのトラックバック一覧です: 絵暦の中の相撲:

« 松原市から特別展資料をいただく | トップページ | 綾川五郎次と墨絵の龍 »