« 松戸にある相撲関係の墓 | トップページ | 葛城場所 »

2012年1月29日 (日)

若柳繁松

 天保10年二条河原で京都相撲の興行に出場した後、郷里西院春日社で勧進元をつとめた若柳繁松はこの時22歳の若さである。

 同12年にも西院での興行に勧進元を勤めている。この時は京出身の先輩緋縅力弥の前名である錦を襲名、文字通り郷里に錦を飾ったことであろう。平戸藩抱えで、幼い時から殿にもかわいがられていたフシもある。

 正面:松巌龍雲男士、左面:三代目錦竜太郎塚と刻まれた墓は新しく建て替えられて今はない。

|

« 松戸にある相撲関係の墓 | トップページ | 葛城場所 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/84424/43908426

この記事へのトラックバック一覧です: 若柳繁松:

« 松戸にある相撲関係の墓 | トップページ | 葛城場所 »