« 元禄十五年京都での勧進相撲御免に関する文書 | トップページ | 楯甲幸男の墓 »

2012年7月27日 (金)

九月場所のちらし

 東京から若き相撲研究家が来訪、九月場所のちらしなどいただいた。大門さん描く東京スカイツリーをバックに国技館、好角家ならぜひにと手に入れたいものである。

 これから葛城市相撲館、そして和歌山市にある鬼勝象之助、千田川吉蔵の墓を訪ね、さらに大分県に足をのばすという。

 九月場所、新しく関取になる人たちが発表された。屋号をしこ名にした寺下改め丹蔵、珍しくもあるが、粋なしこ名であり、画数を数えたりして妙なしこ名が増えてきているだけに、拍手喝采してたたえたい。

|

« 元禄十五年京都での勧進相撲御免に関する文書 | トップページ | 楯甲幸男の墓 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/84424/46478762

この記事へのトラックバック一覧です: 九月場所のちらし:

« 元禄十五年京都での勧進相撲御免に関する文書 | トップページ | 楯甲幸男の墓 »