« 薩摩藩邸での相撲 | トップページ | 陣ヶ関利八 »

2012年9月 8日 (土)

佐渡春日社での相撲

 「佐渡近世・近代史料集 ー岩木文庫ー 下巻」(平成七年発行)に、嘉永元年 相川春日神社境内での角力興行記録が載っている。

 年寄、行司、力士の年齢が載っている。天保15年の上覧相撲での記録と食い違うものもある。どちらの記録が正しいか、上覧相撲をはじめ、すべて疑問を持ったほうがよい。

 おもしろいのは弘化五年一月の江戸番付二段目までに載っている力士には抱えの殿様の名が冠してあったりしているのだが、二段目の住ノ井大助や三段目以下に載っている力士は“平角力”と書かれていることである。

 勧進元は佐渡ヶ嶽沢右衛門(現役)、年寄は出来山、花籠、二子山、武蔵川。

 記録を残したのは佐渡奉行所役人の岩木拡(ヒロム:手偏に廣)。

|

« 薩摩藩邸での相撲 | トップページ | 陣ヶ関利八 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/84424/46996901

この記事へのトラックバック一覧です: 佐渡春日社での相撲:

« 薩摩藩邸での相撲 | トップページ | 陣ヶ関利八 »