« 双葉の里から大山安蔵碣へ | トップページ | 大蛇鱗庄之助 »

2012年12月15日 (土)

椎田の上人堂墓地

 小原から北上、椎田の港区民の墓地である上人堂墓地へ。うあー、すごい、今まで見た墓の中では最も大きい力士墓が広大な墓地の入口に林立している。

 まず、「大日本相撲奨励會 築上郡支部長 古田峰太郎之碑 中将信水書」とある自然石が三段の台石に載っている。最下段の台石には「賛助會員中」とあり、まわりに発起人らの名がある。目視で高さは5メートルはある。

 右に、正面「湊藤喜久太郎」、左面「大正七年三月建之」、台石下段「門人中」。つづいて、正面「八幡山品吉碑」、左面「大正三年三月五日亡 享年五十二才」、台石「門弟中」。さらに、正面「いろは冨太郎碑」、台石「門人中」。その向かい側に、正面「勢喜三郎墓」、台石「門弟中」。いずれも自然石で、三段の台石に載っていて、見上げるばかりに大きい。

 もう三時、電池切れで写真に撮れず、築城町ともどもまたの機会にして帰途につく。

|

« 双葉の里から大山安蔵碣へ | トップページ | 大蛇鱗庄之助 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/84424/48330572

この記事へのトラックバック一覧です: 椎田の上人堂墓地:

« 双葉の里から大山安蔵碣へ | トップページ | 大蛇鱗庄之助 »