« 三ッ山伊三郎 | トップページ | 幻の大阪国技館と城北川歴史探訪 »

2013年5月30日 (木)

陣幕、若き日の旅立ちの雄姿

 東出雲町役場(現在松江市の支所)中庭に「第12代横綱陣幕久五郎 若き日の旅立ちの雄姿」像がある。台石には「挑戦」とある。平成七年十月八日に東出雲ライオンズ倶楽部結成二十五周年記念事業として建てられたもので、その趣旨を記した紹介碑も平成二十年に建てられている。

 錦絵と違って、ものすごい迫力を感じる。

 役場のほぼ近くに相撲研究家、故花谷幸三さんのお宅があり、お墓のある所をお聞きする。出雲街道を西へ、浄土寺入ってすぐ右手に、好角家にふさわしく軍配が刻まれた立派なお墓があった。

 住職夫人はわたしと同年、満州から引き揚げてこられた由、小さい頃の思い出ばなしに花が咲く。

 雨風がひどくなってきた。安来行きは取り止め、駅で「お菓子な 不老長寿薬」(1日3回・食後服用 人生は七十才より)を求め、帰途につく。

|

« 三ッ山伊三郎 | トップページ | 幻の大阪国技館と城北川歴史探訪 »

コメント

突然の連絡お許しください。

私の勤務する「山口県文書館(やまぐちけんもんじょかん)」に、

http://www6.ocn.ne.jp/~sumokobi/item1.html

で紹介されている「龍門芳五郎」に関する資料がいくつかございます。

また、芳五郎に関する他の資料も探しております。いろいろご教示いただきたく、連絡させていただきました。

もしよろしければ、ご一報いただければ、当方の情報提供もいたします。

よろしくお願いいたします。

なお、上のWEBページで紹介されております芳五郎の錦絵と下駄、手形はどこに保存してあるのでしょうか。
ご存じならご教示いただければと思います。

併せてよろしくお願いいたします。

投稿: 金谷匡人(かなやまさと) | 2013年6月 1日 (土) 07時13分

 ご指摘の「古美術」のHPは仲間の蒐集品で、直接ご回答を差し上げるように伝えます。
 なお、わたくしは「相撲」誌の昭和46年11月号で“龍門好五郎の生地を訪ねて”と題して、沖浦東小学校の校長室で見せていただいた竜門が使用した茶碗と箸などを紹介させていただいています。

投稿: 竹ヶ戸 | 2013年6月 2日 (日) 10時31分

お礼遅れました。
御高配ありがとうございます。

投稿: 金谷匡人 | 2013年6月 5日 (水) 06時39分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/84424/51833447

この記事へのトラックバック一覧です: 陣幕、若き日の旅立ちの雄姿:

« 三ッ山伊三郎 | トップページ | 幻の大阪国技館と城北川歴史探訪 »