« 陣幕、若き日の旅立ちの雄姿 | トップページ | 坪田さん、柏嶽浪吉の墓を見つける »

2013年6月 3日 (月)

幻の大阪国技館と城北川歴史探訪

 大阪市立城北市民学習センターでは城東区制70周年記念・アイラブ城北川ブランド化プロジェクト「幻の大阪大国技館と城北川歴史探訪」を実施、申込はすでに6月1日で締め切られている。

 前半は6月11日「幻の大阪大国技館と大阪相撲」(大阪歴史博物館 飯田直樹)、6月25日「相撲甚句を聞く、学ぶ」(大阪相撲甚句会)、7月30日「水都大阪と幻の大国技館」(水都の会 藤井薫)や城北川のことなど、後半の9月から11月にかけては歴史探訪「城北川から幻の大阪大国技館」(ドキドキ考古学代表・浜田容子)が催される。 

 パネル展「幻の大阪大国技館と大阪相撲」は6月25日(火)まで開催されている。大阪国技館の見取図、小緑初太郎の写真、大正時代の藤島部屋、松ノ音善蔵の錦絵などなど……。珍しい写真が多い。

 いずれも城北市民学習センター(大阪市旭区高殿6-14-6)にて。

|

« 陣幕、若き日の旅立ちの雄姿 | トップページ | 坪田さん、柏嶽浪吉の墓を見つける »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/84424/51891840

この記事へのトラックバック一覧です: 幻の大阪国技館と城北川歴史探訪:

« 陣幕、若き日の旅立ちの雄姿 | トップページ | 坪田さん、柏嶽浪吉の墓を見つける »