« 陽気相撲 | トップページ | 「幕末江戸下町絵日記」やっと入手 »

2013年8月22日 (木)

「浮世絵の夏」展

 美術館「えき」KYOTOで「浮世絵の夏 ー納涼と花火ー ~国貞、国芳、広重ら 人気作家の競演~」展を見る。

 ていねいな解説文、江戸はもちろん京都の川遊び、花火見物など納涼風景。

 相撲は1点、国貞の「二代目中村芝翫と横綱阿武松」の三枚図。小柳、岩戸山、中村駒十郎の扇子には焉馬の画賛があり、読み取れず図録を買う。黒岩、越ヶ濱も乗り込んでいる。

 船頭たちは屋根の上で操作しているし、川には船があふれ、橋は人、人、人、感心する。

|

« 陽気相撲 | トップページ | 「幕末江戸下町絵日記」やっと入手 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/84424/52984933

この記事へのトラックバック一覧です: 「浮世絵の夏」展:

« 陽気相撲 | トップページ | 「幕末江戸下町絵日記」やっと入手 »