« 「浮世絵の夏」展 | トップページ | 「幕末江戸下町絵日記」のありがたさ »

2013年9月 4日 (水)

「幕末江戸下町絵日記」やっと入手

 久しぶりに三河國関と東京へ。岐阜辺りは往復とも激しい雨だったが、東京は晴。午前中、相撲博物館、緑図書館で三河國関が相撲絵をチェック。

 日暮里で双葉山の墓へ参って、JRの歩道橋を渡り、谷中霊園の中を横切って多宝院へ。小絲源太郎墓を左に見て、突き当たりの立原道造墓を右へしばらく行くと、柏嶽浪吉の墓が目についた。詳しくは見つけられた「相撲評論家の頁」をごらんください。

 東大赤門前で渡辺出版を探す。あちこちで聞いてやっと探し当てる。そして、京都では入手できなかった「幕末江戸下町絵日記」を手にする。絵は楽しいし、解説が参考になる。

 茂原市へも行ってみたい。まだ見ぬ文献が見たいし、御舟潟の墓にも参ってきたい。神道系のような気がする。

 雷電為右衛門も雲州抱えの人たちと行動していて、浦風とは江戸での相撲に出るときのみの師匠であり、彼の日記にも浦風のことはほとんど出てこない。御舟潟の弟子も時に江戸での場所に出るときに宮城野の弟子として出ているのであって、ふだんは御舟潟のもとにいて、山へ柴刈りに、海へ網引きに行ったりしている。

 当時は江戸での興行では誰の、大阪では誰のと形式的な師弟関係である。

 渡辺出版の社長、近くの長泉寺にある平成二年に新しく建て替えられていると愛媛の神山さんから聞いていた初代朝汐太郎の墓にも同行してくださり、そして本郷3丁目駅まで樋口一葉や石川啄木ゆかりの場所など案内してくださった。

|

« 「浮世絵の夏」展 | トップページ | 「幕末江戸下町絵日記」のありがたさ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/84424/53140149

この記事へのトラックバック一覧です: 「幕末江戸下町絵日記」やっと入手:

« 「浮世絵の夏」展 | トップページ | 「幕末江戸下町絵日記」のありがたさ »