« 「幕末江戸下町絵日記」やっと入手 | トップページ | 哀悼・伊藤巌さん »

2013年9月 5日 (木)

「幕末江戸下町絵日記」のありがたさ

 手元にプリントアウトした“戊辰慶応四年 御舟潟虎之助「万日記」”と題するものがある。その中の「福田永斎絵日記」が「幕末江戸下町絵日記」と題されて出版された。

 プリントでは意味不明の字句が書籍の発刊で解決できた。

 たとえば、「キツイコトハナイ ヤハリカセタ」は「やはり風邪だ」で、「はやり風邪」の誤記か、との注。

 また、「冬木丁詣ニ参」は冬木丁弁天にお参りしたことなど、絵も楽しいし、解説がありがたい。相撲関係については「相撲」誌の門脇利明さんが活躍している。

 

|

« 「幕末江戸下町絵日記」やっと入手 | トップページ | 哀悼・伊藤巌さん »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/84424/53150407

この記事へのトラックバック一覧です: 「幕末江戸下町絵日記」のありがたさ:

« 「幕末江戸下町絵日記」やっと入手 | トップページ | 哀悼・伊藤巌さん »