« 哀悼・伊藤巌さん | トップページ | 小さい墓見つけた、松浦川重吉 »

2013年9月 9日 (月)

高島市での興行番付

 最近、高島市での興行番付を見るので訪ね歩く。安曇川町、新旭町、今津町、マキノ町、朽木村と合併して大きくなっている。

 ヤフオークションで出た弘化3年の加茂河原での番付、京頭取の名があるので、京都の賀茂川か、のコメントが付いていたけれど、これは高島市を流れる鴨川、近くから古墳が見つかって、「鴨稲荷山古墳」と名づけられている。

 今一つ、高島大田村での明治初年の興行番付、ここは鴨川の北に当たる、新旭町。東方に京相撲、西方には紀州頭書の力士達が参加している。このあたり京都頭取勇山の地盤。

 新しく力士の墓は見つからず。ともに珍しい番付である。

|

« 哀悼・伊藤巌さん | トップページ | 小さい墓見つけた、松浦川重吉 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/84424/53195656

この記事へのトラックバック一覧です: 高島市での興行番付:

« 哀悼・伊藤巌さん | トップページ | 小さい墓見つけた、松浦川重吉 »