« 藤井寺市を歩く | トップページ | 三河國さんと響灘(名古山)、陣幕(宝殿) »

2013年10月 7日 (月)

松浦川重吉は文化11年歿

 小谷の墓を訪ねる。母方の先祖の墓があり、祖父母の命日と盆に詣っているが、自然の墓地なので、すぐに草木が伸びて、その手入れがたいへん。弁当持ちで一族揃って参りに来ている方も多い。

 小松山音右衛門も池のそばにある。ここは上賀茂の人たちの墓地で、もとは鴨川の新町頭にあったが、区画整理で西賀茂に移った。

 松浦川の墓はうちの先祖の墓のすぐ下、小松山の墓の西方にあたる。どうやら東良家の墓域、20基ほどが並ぶ、後方の列、右から3基目に松浦川の墓、高さ40.5センチ。棹石は皆この高さ。歿年は文化十一年十二月(日が読み取れない)で、番付から消える年月と一致する。

|

« 藤井寺市を歩く | トップページ | 三河國さんと響灘(名古山)、陣幕(宝殿) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/84424/53522172

この記事へのトラックバック一覧です: 松浦川重吉は文化11年歿:

« 藤井寺市を歩く | トップページ | 三河國さんと響灘(名古山)、陣幕(宝殿) »