« 神さん相撲 | トップページ | 「名勝負!」展で感動新た »

2013年11月25日 (月)

渡邊正剛さんをしのぶ

 「郷土力士物語 ー熊本県のお相撲さんー」の著書のある渡邊正剛さんが十月にお亡くなりになっていた。

 吉田司家初代七百五十年祭にいっしょに参列したり、熊本の県立図書館におられたときにいろいろお教えいただいたり、双葉の里でも同席したこともあった。

 横綱や大関をたくさん輩出している熊本での相撲史跡を探訪され、なかでも荒滝五太夫の顕彰碑設立に尽力された。

 残念なこともある。江戸時代の二段目以下の力士についての追跡が緑松以外が少しもわからず今後の課題として見送るとおっしゃって、活字にはならなかった。

 つつしんでご冥福をお祈りし、わたしが準備している本には、わかっている限り下位の力士のついのすみかをも載せ、ご恩に報いたい。

|

« 神さん相撲 | トップページ | 「名勝負!」展で感動新た »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/84424/54048110

この記事へのトラックバック一覧です: 渡邊正剛さんをしのぶ:

« 神さん相撲 | トップページ | 「名勝負!」展で感動新た »