« 善水寺、そして観音寺 | トップページ | 葛城市相撲館 »

2015年4月30日 (木)

「播磨と本願寺」、そして響灘

 姫路での巡業の折、名古山霊苑で柏野さんと出会い、響灘立吉の墓を見てもらった。なんかいっそう見えにくくなっている感がする。

 兵庫県立歴史博物館で「播磨と本願寺 ー親鸞・蓮如と念仏の世界」展が催されていたが見逃してしまった。響灘の墓も戒名から推して浄土真宗の寺院にあって、戦災で寺が被害にあったものと見ている。

  亀山の本徳寺で盛大な葬儀が行われたのではなかろうか。

 なお、「江戸時代相撲名鑑」に、如意輪寺の墓地に……とあるが、墓地ではなく、お参りに来る人のために寺への登り口に地域の人たちと建てた消闇灯である。

|

« 善水寺、そして観音寺 | トップページ | 葛城市相撲館 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/84424/59822623

この記事へのトラックバック一覧です: 「播磨と本願寺」、そして響灘:

« 善水寺、そして観音寺 | トップページ | 葛城市相撲館 »