« 2015年4月 | トップページ

2015年5月21日 (木)

「相撲絵、昔も今も人気の大相撲」展

 柏野さんからの情報。

 野田市の茂木本家美術館で「相撲絵、昔も今も人気の大相撲」展が5月13日(水)から6月27日(土)まで開かれている。月・火は休館。キッコーマン醤油のお家。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2015年5月18日 (月)

月の森

 三雲町中林の光輪寺に墓がある月の森について、ずいぶん昔、町史編纂の方から「東海の相撲史」第7号に載っている広幡神社の板番付の一つに年代不明の番付があり、「関脇 月の森」とある力士との関係は?と尋ねられたことがある。

 墓地の左奥にある自然石の大きな墓を見に行ったことがあり、昨日三重県立図書館で「三雲町史」を見る。明治八年の相撲興行願が収録されていて、願い主に「雑業 辻房吉」とある。月の森の本名である。

 菰野町広幡神社の板番付にある月の森は大阪相撲の月の森亀吉。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年5月15日 (金)

加賀田八幡宮と堺の豪商

 「河内長野市郷土研究会誌」第五十七号をいただく。 

 会員の方々の研究にいつも感心しているが、今号は「加賀田八幡宮と堺の豪商」に心を惹かれた。社殿の修復になぜ遠く離れた堺の人が?という疑問を寛永から享保、さらに寛保にかけていろいろな史料にあたって考察、解明していく。

 京の清水寺念仏堂に仏天蓋を建立、祇園社に燈籠を献上も。

 他に、「明治時代の河内長野の商工・観光について」、「西国三十三度行者の満願供養とその供養塔」、「鬼住村研究 中世・室町時代 惣村・鬼住惣の時代」など。

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年5月10日 (日)

葛城市相撲館

 葛城市相撲館からしばしばいろいろな催しの情報をいただく。

 田子の浦部屋の合宿、若ノ里関の奇跡の一本松、白鵬のミニ優勝額、相撲漫画展、地元の方が作られた横綱、宿禰・蹶速相撲甚句交流戦、名誉館長菊水丸、豊真將の引退記念写真、協会グッズの販売、相撲風の野球番付、開館25周年記念土俵ケーキ、その他いろいろ。

 5月14日は當麻寺での練り供養の日、たくさんの人でにぎわうが、この日の近鉄ハイキングに相撲館けはや座もコースに入っている。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2015年4月 | トップページ