2008年10月27日 (月)

生き残りの門

 宇島から列車に、宇佐行きは1時間に1本しかない。天津で双葉山出身地の看板を見、柳ヶ浦で下車、南進、柳ヶ浦小学校を通過していた時、弾痕の跡が見られて、これはアメリカの空爆を受けた跡との説明がなされていた。

1252600_img  さらに、「生き残りの門」という矢印があるので、左に折れて小さな道を進む。蓮光寺という寺の門が空襲を受けた際、本堂をはじめあたりがすべて失われたのにただ一つ助かったという。

 このあたりには宇佐海軍航空隊があったので攻撃を受けたのだが、戦争の恐ろしさ、痛々しさを忘れないために、特に小学校にそれらの表示をしていることに感銘した。

| | コメント (2) | トラックバック (0)